1. HOME
  2. 規格住宅
  3. プチパパ

住み心地にこだわった基本プラン。
ライフスタイルに合わせてバリエーションをご用意。

新規提案住宅プチパパの特徴
4つの工法を採用
1. ツーバイフォー(2×4)工法
2. トラス(truss)工法
3. 外張り断熱工法(充填+外断熱)


ツーバイフォー(2×4)工法の特性

地震や台風、雪に強い優れた特性を持つツーバイーフォー工法。確かな品質の住まいをお届けします。

従来工法(軸組構造)

柱と梁で構成された「線」によって支える工法。
外力が加わると接合部分に荷重が集中します。

2×4工法(壁式構造)

4面の壁、屋根の6つの「面」で支える工法。
外力は壁や床を通じて分散され、変形やゆがみが発生しません。

従来工法(軸組構造)図
2×4工法(壁式構造)図


トラス(truss)工法

トラス工法は、設計上の中間支持を考える必要がなく、開放的な空間が実現します。

一般ツーバイフォー工法

屋根の構造上、内部に支持壁が必要となるので、設計・間取りなどが制約されてしまいます。

トラスによる2×4システム

トラスの二点支持構造により、支持壁を必要とせず、荷重が外壁パネルに垂直に働きます。

一般ツーバイフォー工法図
トラスによる2×4システム図


外張り断熱工法(充填+外断熱)

断熱材には優れた性能のポリスチレンフォーム保温板を採用。
家全体が断熱材に包み込まれたた魔法瓶のような構造なので、外の温度が壁に伝わりにくく、室内の温度も外にあまり逃げません。
夏も冬も安定した室内温度を保つことができます。

外張り断熱工法図

一般の断熱工法は柱部分の断熱性能が異なります。

外張り断熱工法では断熱材で包み込むので断熱性能は同じ。